2011年11月25日

見学会

こんばんは!

昨日、TONOは名古屋へ見学会に行ってきました!!

ピタゴラムさんのご厚意により"制振アウトフレーム補強型 CESRet工法公開実験"が矢作建設工業・地震高額技術研究所で行なわれるという事で、和歌山からは私も含めまして、24名の構造・意匠の先生方での参加で
行ってきました。
TONOは分からないなりに、その場で解説を聞きながら見てきました。

研究所は愛・地球博の行なわれた場所の近くにありました。


会場となる倉庫には、上の写真の実験装置と、下の写真の前回行なわれたモデルがありました。

いたる所に線が引かれているのが見えるかと思いますが、この線には意味があるんです。
目標変形角を1/1000から徐々に大きくしていって、1/50までの7段階として、その実験ごとにその時のひび割れに線を入れていっているのです。



今回のこの公開実験は、既に1/1000から1/200までの4段階は実験済みのモデルがあり、そこからの目標変形角1/100、1/67を見るものでした。


変形角1/1000とは、階高が3500ミリの時に3.5ミリの変形
変形角1/200では、階高が3500ミリの時に17.5ミリの変形
変形角1/67では、階高が3500ミリの時に52.2ミリの変形
変形角1/50では、階高が3500ミリの時に70ミリの変形ということになります。

徐々に揺れを大きくして、どの程度耐えられるかのデータを取っていっているのです。


この日会場には全国から300人程も来ていたそうで、会場は人だらけ。
TONOはというと、先程写真にあった前回のモデルに登って、皆さんの頭の上から、撮影させてもらっていましたface02(ちゃんと了解を得て登ってます。)

一回の実験が終わると、一斉にライトを当てて、ひび割れに線を入れる作業が始まります。

1回目は変形角1/100、2回目、3回目は1/67の合計3回の実験が行なわれました。
変形角1/50までは今回のこの公開実験ではしなかったので、中の鉄筋が見える程の破壊はなく終わりました。

なかなか実際にこのような大きな実験を見る機会はないのでよかったですface02
初めての方が多い中での一日はとても緊張しましたが、貴重な体験になりました!


今日はこのへんで。
  


Posted by 田渕設計 at 21:36Comments(0)staffブログ

2011年11月21日

九度山

おはようございますface01
TONOでございます

この土曜日に田渕設計の設計監理で無事2月に竣工しました、"九度山文化スポーツセンター"で、竣工の式典が行なわれましたので、TONOも同行させてもらってきました!!
この日は午前中に竣工式、午後からは町民のみなさまもご来場いただいての式典イベント、OSK日本歌劇団による、九度山町にもゆかりのある"真田幸村"を演題にしたミュージカルが行なわれるといった日程でした。
しかし当日はあいにくの雨、それも警報もでるほどの大雨の中でしたが無事式典が行なわれました。



午前中の式典では、「この文化スポーツセンターが大雨でも雨漏りもしないしっかりとした良い建物であるという事が証明されました」といったお言葉を町長からいただき、そして感謝状を頂きました!



午後からの式典イベントには、町長の文化・芸術に触れて欲しいとの想いから、小・中学生を招待されていたのですが、大雨警報が出てしまったので来れず、会場は満席とはいきませんでしたが、この大雨の中、町民の方々をはじめ、本当にたくさんの方が来られました。

ミュージカルは1時間程で華麗なダンスと歌で幸村が関が原の戦いに敗れた後から、大阪夏の陣で討ち死にするまでの物語を描いていました。真田幸村を演じたのは、OSKトップスターの桜花昇ぼるさん。勇ましく最後まで信念を貫き通し戦った幸村を演じ、会場を魅了していました。
主演の桜花昇ぼるさんによる最後の舞台挨拶で、「今日、警報で来られなかった小・中学生のためにまた九度山に公演に来たい」との言葉に会場は拍手喝采で幕を閉じました。

最後に、ご来場の方々にも配られましたこの"幸村茶"只今九度山町イチオシの商品となっています。
柿の葉がブレンドされており美味しいですよ!

みなさま九度山においでの際はぜひご賞味くださいicon12

今日はこのへんで。
  


Posted by 田渕設計 at 11:09Comments(0)staffブログ

2011年11月11日

20111111

こんばんは!
急に寒くなりましたねicon04

ちょっぴり風邪をひいてしまいました
TONOですface10

さて、仕事とは全然関係ないのですが、
先月初めて"屋久島"に行ってきましたicon06
TONOのずっっっと行ってみたかった場所のひとつに行く機会があって、
女4人の女子旅で行ってまいりましたface05

大体のスケジュール
1日目:関空→鹿児島空港→フェリー→屋久島(ガジュマル園、いなか浜(海がめの産卵地icon12))
2日目:屋久島(もののけコース、モッチョム岳)
3日目:屋久島(弥生杉、お土産探し)→フェリー→鹿児島空港→関空
こんな感じで屋久島満喫してきました☆

これはモッチョム岳。漢字では"本富岳"と書くそうです。

これもまた、壮大な景色でした。
モッチョム岳は登ることもできるようですね。

2日目のもののけコースでは、途中鹿を見たり、猿を見たり、(ちょっぴり迷子になりかけたり)しながら、2本足杉(杉の下をくぐれるんです!)等の杉をたくさん見て、太鼓岩という雲の上にある大きな岩に行ったりしながら、がっつり山登りをしてきました。

これは最終日に朝一で車で頑張っていきました、弥生杉です。
弥生杉はヤクスギランドからずっと登ったところで、車で行けるんですよ!!

弥生杉は3000年ものの杉で、見てお分かりの通り、画面には入りきりません!
幹周は8m程もあり、樹高は26m以上ある壮大な樹です。
弥生杉の周りをぐるっと回れるようになっているのですが、実際に触れられるほど近い位置にあるので、見上げても全体を把握することが出来ないほど!すごかったです。

と、いう訳で、屋久島を満喫して癒されてきましたicon06
今度は今回時間的に(体力的にもik_40)行けなかった屋久杉に挑戦したいなーと思ってますface02

書き出すと写真と文章とでだいぶと長くなりそうなのでこの辺で。
最後に、これはこの時期旬ということで食べてきました、トビウオさんです!

あっさりしていて、おいしかったですよface03
皆さんも屋久島に行った時にはぜひicon06

今日はこのへんで。

  


Posted by 田渕設計 at 21:34Comments(0)staffブログ