2013年06月24日

クロスできました

こんばんは!

現場はクロス貼り終えて、今日から美装が始まっています。


↑キッチンから階段をみる
階段の壁一面が水色になりました。
手前の黒い部分は施主さんご希望の鉄粉入りの黒板です!
(鉄粉入り塗料も塗っているのでマグネットもひっつきます♪)


↑子供室ロフト下部分
左はピンク、右は黄色でカラフルになってます。

壁紙は個人のお部屋以外は奥様と私とで考えさせてもらったので、
どんな仕上がりになるのか正直どきどきしてました。
出来上がってみると良い感じと個人的には思っていますface05
現場でたまたまお父様ともお会いして、
自室の壁紙も気に入ったと言っていただけたのでよかったですface01

外構が一部残りますが、この週末にお引渡しとなりますので、
完了検査、がんばりますっ!

今日はこのへんで。
  


Posted by 田渕設計 at 19:50Comments(0)N邸専用住宅新築工事

2013年06月18日

地鎮祭

こんにちは、タナカです。
今朝はI様邸地鎮祭でした。



梅雨時期なので天気が心配でしたが、
晴天の縁起の良い日になりました^^

施主様と一緒に
これからの工事が
無事に進行しますように
ご祈願しました。



地鎮祭などの式の形式は
土地や信仰している宗教により様々。
今回は仏式の地鎮祭を行いました。

まだまっさらなこの土地に、
進めてきた図面が
いよいよ形になっていきます。
楽しみだな~^^

施主様にとって
良い建物になりますように。

今日はこのへんで。
  


Posted by 田渕設計 at 14:11Comments(0)I邸専用住宅新築工事

2013年06月11日

現場進行中…

おはようございます。

またまた現場にお邪魔してきましたっ!
カウンターができ、建具が入り、完成に向って進んでいます。



そしてそして…

出来ました!クライミングウォールですface01icon12

リビングの一角に出来上がりました♪
これは子供さん喜びそうですface05

今日はこのへんで。
  


Posted by 田渕設計 at 09:48Comments(0)N邸専用住宅新築工事

2013年06月07日

入札

今日は設計業務の入札がありました。
正確に書くと電子入札の開札の立会いです。

こう書くとますます分かりにくいですね。

和歌山市の仕事で
【伏虎中学校小中一貫校建設工事設計業務】
という設計業務の入札がありました。
小中一貫校の設計をする仕事です。

これが何と設計料137,997,000円!
1億円以上です。工事費ではないですよ、設計料です。
まあこれだけの額なのでそれだけ大変な設計なのですが。

設計も工事みたいに入札で決めるの?と思われる方も多いと思います。
最近では国立競技場のデザインコンペなんかがありましたが、
地方都市ではああいうのは極稀です。
ほとんどの場合設計料の入札です。
物件によって、参加できる設計事務所の規模や実績の資格審査のようなものはありますが、
どんな建物にするかはどうでも良く、とにかく設計料の安いところが受注し設計します。

設計なんてものは時間をかければかけるほど、
考えれば考えるほど良いものにブッラシュアップされていくので、
設計料が安けりゃいいというのは、あまりにも乱暴な考え方でとても先進国とは思えません。
頭の中身をひねり出すことを仕事にしている人には、
それなりの正当なフィーを支払わないとね。いいものできないし、文化なんて育たないよね。

和歌山県や和歌山市の場合、
役所は設計料の予算を提示して、その最低制限価格を決めます。
これ以上安く入札したら失格ですよ、というラインです。
これを下回ると品質の確保が難しいということになっているラインです。

で、今回の和歌山市の場合、
予定額が上に書いたとおり、
¥137,997,000で、

最低制限価格が
¥106,340,000です。

予定額は国の指針に計算式があるのでそれに則ってある程度機械的に算出されます。
大体予定額の77%が最低制限価格です。

このままだと、当然みなさん¥106,340,000で入札しますよね。
何社も何十社も同じ額になってしまいます。
なので、最低制限価格に係数をかけて、最低制限価格を微増減させます。
前後1%位で振ります。

つまり、今回の場合だと、
¥106,340,000を基準の最低制限価格として、

¥105,276,600 ~ ¥107,430,400
の間で最低制限価格をコンピュータでランダムに変動させます。
当日にならないとわからないわけです。
コンピュータでがくじを引いているようなものです。
で、発表された最低制限価格を上回って一番近い人が落札です。
いくら近くても下回ると失格なのです。
(書類の不備でもないのに失格てなんやねん、
たまたまコンピュータくじで外れただけやなのに失礼やなといつも思いますが)

これを事務所にいながらパソコンで入札します。電子入札です。
開札日に役所でコンピュータを使って最低制限価格を算出します。
最低制限価格がいくらになるかはその時まで誰も分かりません。

これは和歌山県の設計の仕事もだいたい同じです。
あの県立の高校の校舎の設計も、あの体育館も、
あの市立の中学校もこんな感じで設計する人を決めていきます。
運頼みです。

で、結局、1億円の仕事どうだったかというと、
ダメでした。
今年の4月からだけでも、和歌山県の仕事だけで20件以上このようなシステムで入札してるのですが、
一度も取れてません・・・。

う~ん、くじ運悪し・・・。
お祓いでも行こうかなあ。

出身中学校だったから設計したかったなあ。  


Posted by 田渕設計 at 22:54Comments(0)キダ

2013年06月04日

実施設計

こんにちは、タナカです。

先週の金曜日、
先輩が進めている住宅設計の
施主様と打合せがあり、
計画プランが決定しました。

なので今週からは実施設計に入ります。
(私はその補助をさせてもらいます)

箱を積み重ねたような
シンプルでモダンなデザインの外観です。



南側の庭以外に中庭がある間取りなので
二方向に空間が広がり、光や風も通るので
心地よく暮らせそうです。


少しずつ変更などあると思いますが、
先輩は丁寧に考えて図面を描かれるので、
きっと施主様にも喜んで頂けると思います。

今週から忙しくなりそうですが、
がんばります^^

今日はこのへんで。



  


Posted by 田渕設計 at 14:21Comments(0)staffブログ